【Tips】Cover Storyの使い方① – 幅を合わせる –

Cover Storyできれいに背表紙をつくるときは、下記をご参考ください。

まずは、こちらがスタイリングの画面。

スクリーンショット 2015-03-08 6.52.52

最初に、

<本の厚さを入力>

→お持ちのマンガのサイズを測ってみて、それよりすこしだけ幅を多めに取るくらいがちょうど良さそうです。ヤングジャンプやモーニングなどに掲載されていそうな青年系コミックであれば、17.5mmほど。

<本の「種類・サイズ>

→希望する項目をチェック。

<本の冊数>

→希望する冊数を入力してください。とりあえず適当で大丈夫です。

すると下記のように、プレビュー画面に画像がアップロードされます。

CS作り方

プレビューが表示されたら、とりあえずAの「幅を合わせる」をクリック。画像のサイズによって、<余白が残るか><画像全体が表示されない>場合があります。

 

B <余白が残った場合>

→冊数をすこし減らしてみる

→プレビューを更新

→まだ余白が残る

→さらに冊数を減らしてみる ※余白が無くなるまで繰り返し

C <画像全体が表示されない場合>

→冊数をすこし増やしてみる

→プレビューを更新→「幅を合わせる」をクリックして確認

→まだ全体が表示されない

→さらに冊数を増やしてみる ※全体が表示されるまで繰り返し。

 

ぴったりと画像がプレビューのなかに収まったら、あとは「ダウンロード」のボタンをクリックするだけ。本棚をスタイリングするためのPDFデータがダウンロードできます。

最初は少々手間がいるかもしれませんが、数回すれば慣れてくるかと思います。

ぜひお試しください!